脊柱管狭窄症改善のメソッドを紹介|適度なリハビリでリカバリー

病院

ヘルペス後神経痛の治療

フラワー

ブロック療法は有効です

頭痛を起こす疾患は数多くあるのですが、そのなかでしばしば起こるのが、ヘルペス後神経痛です。ヘルペスウイルスは、水疱瘡の原因になるウイルスです。そのヘルペスウイルスが、水疱瘡が治った後にも、身体の神経に潜んでいることがあります。この神経に潜んでいたヘルペスウイルスが、活動を再開すると、神経に沿って水泡と痛みが起こります。しかし、水泡が治った後も、痛みだけが残ることがありまして、ヘルペス後神経痛と呼んでいます。ヘルペス後神経痛は、三叉神経においても発生することがあるために、その際は頭痛が起こるのです。そうしたヘルペス後神経痛による頭痛の治し方として、消炎鎮痛剤の服用がよく行われます。ところが、消炎鎮痛剤の服用による治し方だけでは、十分な効果が発揮できないこともあるのです。そうしたときに有効な治し方が、脳神経外科などで行われるブロック療法です。

レーザーが人気です

ブロック療法には、いくつかの方法があるのですが、星状神経節ブロックは使用頻度が高くなります。星状神経節ブロックの使用頻度が高い理由は、手技が簡単な割に、高い効果があるためです。星状神経節は、頸部の前方からアプローチを行いますが、場所の特定が簡便なのです。また星状神経節ブロックは、一般的な注射を用いるだけではなくて、レーザーでも可能になります。注射の場合には、苦手な人も存在するので、頻回の治療が困難であることも珍しくありません。しかし、レーザーを用いた場合には、注射よりも恐怖感が少なくなります。そのために、頻回の治療を行いやすいという、特性もあるのです。したがって、ヘルペス後神経痛による頭痛の治し方は、レーザーによる星状神経節ブロックが人気です。