脊柱管狭窄症改善のメソッドを紹介|適度なリハビリでリカバリー

CTスキャン

腰が痛いが運動したい人へ

医者

医療の力で正しく動く

脊柱管狭窄症の方は、大部分がリハビリを受けています。リハビリにはコルセットを使う固定療法、電気などを使う物理用法、運動をメインにした運動療法などがあります。どれか一つだけを行うということは少なく、これらのリハビリ方法を組み合わせて脊柱管狭窄症の治療を行います。この中で運動療法は特に注意が必要なリハビリになります。運動療法のメインは歩行です。杖やウォーカーを使って歩行訓練をするのですが、早く治したいと考える患者の中にはついつい歩行しすぎてしまう事があります。しかし過度の歩行は患部への負担を増大させ、むしろ疾患を悪化させるリスクがあります。そのため医師が指示した運動量を守り、適量のリハビリをすることが重要になってきます。

治療のメリットを考える

脊柱管狭窄症のリハビリは様々です。例えば理学療法士によるマッサージも手技療法といってリハビリになります。医療とはいえマッサージですから非常にリラックスできます。そのため患者の中にはこの治療方法を楽しみに通院する人もいるくらいです。また針灸治療もあります。こちらも筋肉のコリがとれ、痛みが緩和するため人気の治療方法になっています。歩行が困難になった高齢者の場合、歩行や運動そのものが楽しみとなります。体を以前のように動かせることが、疾患からくる精神的なストレスの軽減につながっています。そのため運動療法で病院内を歩行することや治療用の体操をすることが、ある種の生きがいになることもあります。脊柱管狭窄症のリハビリは単に疾患からの回復というだけでなく、動けるっといった喜びを取り戻す活動といえます。

頭痛と仲良く暮らす

看護師

偏頭痛は女性に多い病気です。女性ホルモンの影響が指摘されています。そして、治療の方法はまだ編み出されていませんが、この頭痛の症状を扱う病院もお目見えしています。頭痛外来という診療科では、一人一人が頭痛の記録を付けることで、その症状に対する対処方を模索します。

詳細を読む

頭の片側が痛む場合には

医者

偏頭痛は頭の片側が脈打つように痛みます。治し方としては患部を冷やして、暗く静かな場所で横になるのをお勧めします。トリプタン系の薬を飲むのもいいでしょう。ただし痛みが続く場合、自己流の処置はできれば避けて、病院に行くようにしてください。また生活を改善し、偏頭痛を起こしやすい食物の摂取は避けましょう。

詳細を読む

ヘルペス後神経痛の治療

フラワー

ヘルペス後神経痛による頭痛には、脳神経外科などで、ブロック療法が行われます。なかでも、レーザーによる星状神経節ブロックは、恐怖感が少なく、頻回の治療を行いやすいのです。そのため、費用も考え利用されるといいでしょう。

詳細を読む